• HOME
  • ベルけんぽ概要
  • お知らせ
  • お問い合せ
  • サイトマップ

サイトトップ >> 健康保険の基礎知識 >> 健康保険の仕組み >> 健康保険の対象

健康保険の対象

被保険者

健康保険に加入している本人を「被保険者」といいます。
健康保険法では、健康保険に適用されている会社や事業所に働く人々は、本人や事業主の意思に関係なく「被保険者」になることになっています。就職すると、原則としてその日から被保険者の資格を得るわけです。退職したり死亡した場合、その翌日に資格を失います。
ただし、一定の条件のもとに退職後も期間を区切って継続する制度もあります。

被扶養者

被保険者に扶養されている家族を「被扶養者」といいます。
被扶養者は、被保険者と共に健康保険の給付を受けることができますが、だれでも無条件に被扶養者 になれるわけではなく、認定の条件が法令で決められています。

被扶養者認定

被扶養者認定は、該当する人と被保険者との関係、収入の実態、被保険者の収入などから、健康保険組合が条件(扶養しているという実態)に該当しているかどうかを総合的に審査します。

被扶養者認定の条件

【同居の場合】
被扶養者(配偶者・子ども・直系の父母兄姉弟妹以外は同居を原則とする)の収入が130万円(障害者と60歳以上は180万円)未満であり、かつ被保険者の年収の2分の1未満であること。

【非同居の場合】
被扶養者の年収が130万円(障害者と60歳以上は180万円)未満であり、かつ年収が被保険者の仕送りより少ないこと。

同居していなければならない人

  • 下記「同居していなくてもよい人」以外の3親等以内の親族
  • 被保険者のおじ、おば、おい、めいとその配偶者
  • 被保険者の配偶者の父母、連れ子
  • 内縁の配偶者

同居していなくてもよい人

  • 被保険者の配偶者
  • 被保険者の子、孫、兄、姉、弟、妹
  • 被保険者の父母、祖父母などの直系尊属

3親等内の親族表