• HOME
  • ベルけんぽ概要
  • お知らせ
  • お問い合せ
  • サイトマップ

サイトトップ >> 各種提出・申請手続 >> 医療費関連 >> 交通事故にあった(第三者行為)

交通事故にあった(第三者行為)

交通事故と健康保険

事故の報告および示談の前には、当健保へ必ず連絡をお願いします。

第三者行為とは

他人(第三者)によって引き起こされた病気やケガ、死亡を第三者行為といいます。自動車事故だけでなく、他人からの暴力や他人の飼っている犬に噛まれた場合も含まれます。

保険給付

交通事故など第三者の行為で傷害を受けたときでも、健康保険による診療や手当金などの保険給付が受けられます。
しかし、交通事故などによる傷害は、本来、加害者である第三者が治療費を負担すべき性質のものであり、健康保険組合は、加害者が負担すべき医療費を一時加害者に代わって支払っているわけで、当健保としては、その支払った医療費などを加害者または損害賠償責任保険の事業機関に請求することになります(損害賠償請求権の代位取得といいます)。
そのため自動車事故などにより健康保険で診察などの給付を受けるときは、できるだけ早く「第三者の行為による傷病届」(事故証明書を添付)を当健保に提出する必要があります。
また、示談によって損害賠償を受けると、当健保はその治療の範囲内で健康保険の給付を行わなくてもよいことになっています。

事故証明書のもらい方

  1. 自動車事故が発生した都道府県の「自動車安全運転センター事務所」へ所定の郵便振替用紙を使って事故証明書の交付を申請します。
  2. 郵便振替用紙はどこの警察署、派出所、駐在所、損害保険会社、農業協同組合にも備え付けられています。
  3. 交付申請の手続きをしますと、センター事務所から申請者の住所、または申請者が希望するところへ証明書が送られてきます。

示談にする場合は当健保に相談を

示談後も健康保険の給付を受けられるかどうかは、示談の内容によって決まりますので、示談にする場合は、事前に必ず当健保に相談して慎重に示談を行う必要があります。

治療が終わったら連絡を!

第三者行為の治療が終了すると、当健保では加害者に治療費の請求を行いますので、必ずご連絡をお願いします。

自動車事故にあったら、まず・・・

1.加害者の確認 2.警察に連絡 3.病院にかかる場合は第三者の行為による治療の旨、申し出る 4.当健保に連絡 5.示談には安易に応じない